昔、相談に乗ってもらった占い師と今の電話占いのスタイルを比較してみました

昔デパートの屋上のゲームセンターで100円を入れるの着物を着た人形が神社の鳥居をくぐって、お参りをして、おみくじを持ってくる占いのゲームのようなものがありました。実際にはゲームでは無く、100円を入れると自動的におみくじを必ず持ってきます。いい方のおみくじが当たりやすい仕組みになっています。

人形が動くレールの後も分かりにくくなっていて、神社の模型の扉が開く部分が非常に興味深かったです。コンピューター画面を使った物ではなく、アナログのアトラクションですからとてもリアルに充実しています。ゲームの用でゲームでは無いという事が非常に楽しいと思います。いま100円コーナーでアナログのものが減っていったのが非常に残念です。

何度もやって大吉をもらって元気をもらった事はあります。その時はいろいろ感じてしまう年齢だったので非常に助かりました。たぶん家のどこかでそのおみくじを必ずとってあると思います。忘れた時に出てくるといいと思います。今のその100円コーナーが廃止されたのは少し残念です。

なぜかというをそこは昭和のレトロが雰囲気があります。そのおみくじは白いおみくじのつつに入っていたのでそれがとても良くできていて、それがとても良かったです。中を開けるとおみくじがきれいに巻いてあって、それを伸ばすのも楽しみでした。

占いに興味のない人も楽しめます。